田中ひでおです

 早いもので統一地方選から3ヶ月あまり経ちました。 

 震災直後のあの厳しい雰囲気の中での戦い、皆様には大変なご心配をおかけいたしましたが絶大なご支持を頂戴し再選を果たすことができました。「これまでの政治活動にいただいたご恩を何としてもお返ししたい」との思いで活動をさせていただける日々に、田中ひでお改めまして御礼を申し上げます。本当にありがとうございました。 

 さて、議員活動について少しご報告をさせたいただきます。今回の統一地方選終了後の府議会会派編成において、私田中ひでおは「自民党京都府議会議員団」に所属することといたしました。補選後1年間は無会派として活動してまいりました。しかしこの先4年間の活動を考えるにあたり、京都府政のことはもちろん、この亀岡の地にとって無会派で活動することが本当に皆様にご恩返しをする最良の方法なのかと考えた時、会派に属して同志とともに活動することがより良い選択肢であると考え、自民党議員団に所属するという道を選びました。今後、山田知事をはじめとする行政への要望や交渉など、最大会派としてのメリットを充分に活かし、精力的に活動してまいりたいと思います。 

 また今回、「防災危機管理・地球温暖化対策特別委員長」を拝命いたしました。お隣福井県は多数の原発を抱えることから、京都府にとっても災害時の危機対応は喫緊の最重要課題となっています。皆様の生命と財産を守ることが政治の最大の務めと重く受け止め、しっかりとその役割を果たしてまいります。京都府としては早速に防災計画の見直しに着手していますが、地元亀岡を含めあらゆる危機管理に一層の点検をしなければならない時です。

 今、日本は大変な岐路に立たされていると感じています。国政の不甲斐なさを嘆くだけでは状況は変わりません。地方が実力をつけ、地方として自立していける、そんな道筋をできるだけ早く拓いていかなければなりません。この関西は全国に先駆けて広域連携に取り組んでいます。今後の地方自治のあり方を探る重要な取組みです。京都府もその一角としてしっかりとその役割を担っていかなければならないこの大切な時期に議員として働かせていただけることを皆様に感謝申し上げ、京都府の発展、そして中でも地元亀岡及び京都丹波の発展にむけて粉骨砕身取り組むことを改めてお誓いいたします。

 今後とも温かいご支持・ご支援を賜りますようお願い申し上げます。 

                                        田中ひでお 拝

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。