2、 総合見本市かめおかメッセ(仮称)と一大物流センターの設置

 亀岡をはじめとする京都丹波は、京都府内最大の農業・畜産の生産を誇る地域です。
わが国の食料自給率の低下が深刻な問題となっている今日、京都丹波の食料供給基地としての存在はますます重要視
されるでしょう。特に、京都丹波は農業・畜産ともに生産量だけでなく高い品質を誇り、他に追随を許さないブランド力を
持っています。仮にTPP(環太平洋貿易自由化協定)が実施されても、外国との競争に決して負けることはありません。
近い将来、亀岡が交通の要衝となるこの時期に、こうした高い品質と生産量を誇る農・畜産物を一元的に集荷・発送する、
食糧専門の総合見本市かめおかメッセ(仮称)や一大物流センターを設置すれば、亀岡発展の大きな起爆剤となるでしょう。

カテゴリー: 元気な亀岡の創造   パーマリンク

コメントは受け付けていません。